2012年11月26日月曜日

Never, Ever Give Up 

Arthur Boorman's amazing true story
米軍のパラシュート部隊員だったアーサー・ボアマン氏
湾岸戦争での任務の末、過度を超えた背中と肘への負担は
歩く事さえ難しい状態に
医師の診断は ”自力で歩くことはもう一生できない”
その’二度と歩く事はできない’前提で暮らしてきたアーサーさん
15年の間に体重は297ポンド(135kg)にまで増加していました
47歳、新聞記事でDDP yoga(関節に負担をかけないヨガ)を知り
杖をなしで立つ為の毎日の訓練
その6か月でマイナス100ポンドの減量に成功し
10ヶ月で140ポンド(64kg)減
そして彼が起こした奇跡

"Never underestimate 
what you can accomplish
when you believe yourself
Never
Give Up" 

0 件のコメント:

コメントを投稿