2014年2月25日火曜日

EFT(感情解放セラピー)


悲しみや苦しみ、痛み、不安が襲ってきた時、そっと背中をさすってもらう、手をしっかりと握ってもらう、抱きしめてもらう、頭をなでてもらう、それは家族であったり友人であったり伴侶であったり信頼できる誰かであったり、と、この世に生まれたその瞬間から、私たちは誰かの心のこもった’タッチ’によって、助けられ助けながらを経験してずっと生きています。
普段そんなこと、考えもしないけれど、この’タッチ’の力は時には言葉よりも大きく作用します。
私たちは無意識のうちに’触れる’事が必要なところに手を届けているし、もしくは自分がその人にとって必要だと思われる箇所へ、思いという目に見えないものをこめて届けています。
東洋医学の陰陽五行説では、万物にはそれぞれの波長があってその違いによって’見え方’’聞こえ方’’感じ方’が違うとして森羅万象を分類し、また体の中をめぐるエネルギーのバランスと心身の状態を総括して捉え、鍼灸やツボなどに使われるエネルギーの通る道=経絡を示しました。
(セラピストとして参考にする事も私の場合は多々あります。例えば、’怒り’を溜め込みすぎると肝のエネルギーが過多になって➡肝の状態を表す目が血走ったり➡肝のエネルギーの経路の脇腹・体側が硬くなっていたり➡同時に相対する脾のエネルギーが下がってしまう事で消化器系が弱っていたり。だからそういう状態にあてはまる時には身体の中で鬱滞したエネルギーを流すのに、固くなった体側を緩めるボディーワークをしたりします。もちろんその逆に身体に出ているサインからバランスが崩れた要因を探っていってどういう形でアプローチしていくのが最善かを検討うする指針にもさせてもらいます。)
悲しみや苦しみ、痛み、不安から、なぜ経絡の話になるか、というと、このエネルギーラインと波動の関わりをうまく使ったセラピーが幾つかあり、その中には誰でも簡単にできる方法もあるからです。
そのひとつに経絡ポイントをタッピングする事でエネルギーラインのブロックを解放するEFT(Emotional Freedom Technique)というセラピーがあります。
このところ、ずっとエネルギーワークの学びが続いており、丁度、良いタイミングで、先月、スピリチャル心理学カウンセラーの下田屋寛子さんのEFT(感情解放セラピー)ワークショップに参加させてもらいました。(以前、私にシータヒーリングで魔法をかけた先生です。:)
そこで教えて頂いた事を繰り返し自分自身にやっていくうち、以前よりもこの見えないエネルギーについてより明確になってきた事、そして感情に色や形や香りまでついてきて、ヒーリングとしてのセラピーだけでなく、自己啓発へも繋がっています。
悲しみや苦しみ、痛み、不安、こういう心の闇は、誰かと一緒にいたり、賑やかなところにいたりすると割と平気なのに、えてして大概 ’一人’の時に強烈にやってきます。もしくは、私達が無意識のうちにしている’想いをよせて触る’手がそばに無い時、もしくは、その手を拒絶してしまう時。
この’一人’ だとか’誰にも相談できない’とか、そういう瞬間に、自分自身がその手の代わりになって内側の溜め込まれたエネルギーを動かす方法がEFTです。もしくは、この方法を知っているのならば、この心の闇の瞬間をぐっと抑え込んでしまった後、自分で自分にアポイントメントをとりつける事ができるのです。(今はどうしようもないけど、後で必ず向き合う時間を作りましょう、という事です。)
EFTを習った後、一日一善(自分にですね:)として一日ひとつはこの心の闇を解放するようにしています。アロマセラピストなので精油(香りの波動)もよく登場させています。最近は、アロマキャンドルを目の前において(自然の灯りの波動)もうひとつ私の大好きな’音魂’(音の波動)にも一役買ってもらう事もあります。:)
この目に見えないことをどうやって文章にしようかしばらく考えていました。
そうして行き着いたのが、この”想いをよせたタッチの効用”そして”言葉かけの効用”です。そこから拡がるEFTのテクニックです。
産まれたその時から、私たちは、家族やお医者さんや友人や赤ちゃん、はたまたアイドルだってありかもしれない、たくさんの’人’から、または、花や空、海、月や星、数えきれない自然や、私たちを囲むものから、ヒーリングを体験し、”癒す”事を学んでいきます。私たち誰もがヒーラーの素質をもっています。’誰か’を癒すことのできる自分は、’私自身’を癒すこともできます。’私自身’が癒されると、もっと’癒し’の力が生まれます。あなたの大切にしたい’誰か’を癒す力です。凄いなぁ。:)
先月、下田屋さんは、東日本大震災後、被災地の方に直接関わって支援されている方たちを支援するために、このEFTをもって日本に旅立たれました。このテクニックの効き目の要のひとつ、言葉かけ、が、下田屋さんは抜群のセンスなんです。本当にめちゃ頭いいんだろうなぁ、と、私はいつも羨望の眼差しで見つめてしまうのですが、、、
<書いてもいいけど、褒め過ぎは禁止令>頂いているので、爆
この辺で辞めときます。苦笑。
でも、こういうセラピーが一人でも多く、必要な方の元に伝わりますように。
切望してなりません。
それから、下田屋さんが疲れて帰ってきたら、私が肩を揉みますので、どうぞ、宜しくお願いします。:)
また、EFTに関する詳細はどうぞ下田屋さん (Hiroko Shimotaya)のサイトをご覧になってください。
EFTとあわせてMatrix Reimprintingなど、テイスターを拝見しましたが、これまた、多分、下田屋さんの得意分野だと思います。戻られたらこちらも又お願いしようと思います。:)
http://rainbowmoon.jimdo.com/
(私にはもうひとつ’カフェキネシ’というキネシオロジーとアロマセラピーを合わせた超強力なツールが手元にありますが、ひとりではできないので、次の課題となります。もっと練習が必要です。カフェキネシについてはまた改めて書きたいと思います)

0 件のコメント:

コメントを投稿