2014年5月16日金曜日

信じる 〜MariaとThank You Godの香り〜

 信じる 〜MariaとThank You Godの香り〜(1)

5日の満月は過ぎたというのに、未だに余波が覚めやらぬのか、体調も感情もあらゆる調子の波動が倍速しているような、移動中の電車やバスの中でさえ、凝縮した人間ドラマの喧噪を見るような。
(リアル・East Enderな)なんだかめまぐるしい世の中。一体どうしたのでしょう。

まるで、いい気分でドライブしていたら、うっかりアクセル踏みすぎて、急ブレーキかけて怒ったり、ドキドキしているみたいな、そんな感じの現象があちこちで起きていたりして。

一日の終わり、旧友で仕事仲間のA嬢とそんな事を話していたら、そうそう、もう世界の終わりよって。私がバスに揺られて到着するまでの間を待ってくれていた、大好きなお客様が痛みをこらえながら言ったというジョークを聞いて、私達は静かに笑いました。(その彼女は歩く事もままならない状態で来られたのだけど、セッションの後、痛み無しに歩けるようになって元気に帰られました)

‘笑う’って尊い。一日のうち何回笑ってるかは健康状態まで変えるだろうし
いつだって誰かと笑顔を交わせる時間は尊い事を実感しながら。

数日前のセッションから、手帳にはさまれた香り

Maria と Thank you God

”人間を信じる” 勇気と慈愛を頂いています。


0 件のコメント:

コメントを投稿