2015年6月12日金曜日

aromaya workshopのはじまりのお話

aromayaのアロマセラピーワークショップは、4名以上の生徒さんが集まったら、各お宅に訪問してレッスンをするという形式で、私が住む北ロンドン限定で8年前にスタートしました。(車がないので徒歩か自転車で通えるところ限定でした。笑。)

口コミでスタートしてから、それはたくさんの方達に支えられ、後押ししてもらい、aromayaのアロマセラピーを使ったボディーマッサージとレッスンという二足のわらじが徐々に大きくなりました。(レッスンに集まってくださった方がマッサージを受けに来られたり、マッサージを受けにこられた方がレッスンに来てくださったり、と、アロマセラピーを受ける&自分でする、のループがaromayaを仲介にして起きていました。←本当、皆さんのお陰で)

中にはなんと4年間!毎月一回のペースで続いたグループもありました:)
今でこそ、基礎レッスンは5回と枠決めしていますが、当時は、その時々にaromayaが作ってみたいアロマのつくりものを、毎月集まってくださった皆さんと一緒に、プロト的に作っていくという(当日迄内容が知らされないこともあったのです。汗)本当に自由気ままなレッスンを’お任せ’でさせていただいた事もあったのですよ。
4年間御一緒するって、凄い事ですから。:)
それは、たくさんの学び、たくさんの想い出ができました。(たくさんのチャレンジ・レシピも)本当にありがとうございます:)

また、年数に関係なく、それぞれのグループ、生徒さん方とのアロマを通してのやりとりで深く心に残る事柄は数えきれない程あり、それが全て、今のaromayaのセラピーに対する想いとか、どういう人間でありたいかとか、幸せとはなんだろうか、とか、そんな大きなお題目まで導いてもらいました。:)だから、これまでaromayaに来てくださった方、ワークショップに参加してくださった方、皆さんに、とても とても 感謝!伝えきれない感謝です:)

ワークショップをはじめた頃と同時に北ロンドンで日本人の方を対象に英語や代替医療などの国際試験コースを扱っているELT schoolにて、実用的なアロマセラピーのコースを担当させていただきました。そちらの個人コースでは生徒さんのニーズに合わせて全てのレッスン内容をテイラリングして行いましたから、ひとりとして同じ内容のレッスンはありませんでした。その都度、私自身も再勉強にリサーチと作り物のトライアルをしてハンドアウト資料をそれぞれ新たに作りました。文字通り、切磋琢磨を実感しながらのお仕事をさせていただいて、aromaya自身も成長させてもらったのです。(ここも深く感謝です)

今年になり、4人以上のお友達を集めてのグループレッスンではなく、個人または単発でも参加できるようなワークショップをやってほしいというリクエストが募り、ようやく開催したaromayaのトリートメントルームでのアロマのワークショップ。

小さいお部屋ですので、お迎えできる人数に制限があって、4名でいっぱいです。
(aromayaは基本的にトリートメントが主なのでワークショップの回数も月に2、3回と限らせてもらっています。)

そして、1月から始まったグループの基礎コースの先日最後のレッスン。

<ミツロウとシアバターのアロマバームを作る会>

ティーライトキャンドルでコトコトと材料を煮込んでいきます
本来は基剤が溶けて余熱がとれたところで精油を足しますが
今回はあえて好きな精油を一滴だけ、この作業のところから足して行いましたから
作業中、お部屋に香りが広がりました:)
そして、それぞれ、また、素晴らしい作品ができましたよ〜。嬉:)
基礎コースは修了ですが、アドバンスのワークショップとして
7月に単発クラス開催決定。

’おふろとおふろあがりのアロマの会’

実は一年前からあたためていた企画ですが、もう一度煉りなおしています。:)
そして、夏のワークショップとしてはじめての方にも展開できるように頑張ります。

aromayaの窓辺のパワースポット

多分見てもらうだけでも受け取ってもらえるかもと。
ご縁あって集まって来てくれた、パームストーン、輝いています:)




0 件のコメント:

コメントを投稿