2015年7月22日水曜日

おふろアロマとお風呂上がりの会天然バスソルト

aromayaの おふろアロマとお風呂上がりの会

アロマをおふろで使う方法は、いろいろあります
日本のお風呂情緒、温泉効果を懐かしみながらの、クレイを使ってアロマのにごり湯、シュワシュワ〜のパフォーマンスが楽しい重曹やクエン酸でのバスフィズ、シャワー用には焼き菓子を作るような工程のシャワーフィズもあるし、イギリスのバスタブだと泡の中で入浴するバブルバスもあり。お風呂上がりも、クリームのみならず、この季節サラサラ感の気持よいタルカムパウダーや、アロエベラジェルを使ったさっぱりジェルなど。
それはもう、シリーズにできそうな位、
香りが好きな皆さんと作りたいなあと思うものがあります:)

先日のaromayaでの基礎コースワークショップでみなさんと作った作品

☆マリウスファーブレの月桂樹のオイル入りソープベースのアロマボディーソープ
☆つるりんと伸びのよいアロマのボディミルクの作成

今回はウッディ系の精油のプロフィールの補修を兼ねていたので
限られた時間では二つを作るので精一杯!

でも是非試してもらいたかった、天然塩のアロマのバスソルト
最後のレッスンでもあり、心をこめて作りました。お持ち帰り用:)



ここでも’月桂樹’がアクセントとして活躍してくれました:)
<月桂樹は、明晰なマインド、開拓する行動力、創造する才能がある人達に
’栄光’と’勝利’ の証として、象徴的に授けられてきたハーブ>

aromaya的には、勝ち負けという観点ではなく、でも人生において、常識と創造は時に相反することもありえるけれど、創造性を持つ事はlife of qualityと手に手をとっている気がします

理論的、明晰な思考は男性性、気持をくみとる情緒は女性性、目的へと遂行する行動力は男性性、何もないところから何かを生み出す創造力は女性性、これら全て相反するものが、バランス良く廻っていく事で、私達はよりよい暮らしや心の在り方を深めていけるのでは。
その相反するものを繋ぐのは♡だと思うのです。

♡に従った噓偽りない在り方、それが月桂樹の象徴する事のベースにあるのではないかと思ったり。:)




0 件のコメント:

コメントを投稿