2015年10月1日木曜日

ものつくりの心と耳元で揺れる自分色

中秋の名月も過ぎ、駆け足で深まるロンドンの秋
夏に青々としていた緑もすっかり秋模様で 木の実をつけ、果実を実らせ
オーク、菩提樹、トチノキ、トネリコに見守られるように在る舗道には
落ちた葉っぱや木の実があって ザクザクと踏みしめながら 
秋の音、秋の香り、を楽しみます:)


最近、私の周りの人達のキラキラ度があがっています:)
’ものづくり’を通して周りの人達をどんどんキレイにしている人がいて
自分を飾る、輝かせる事にためらいを感じていたかもしれないような
そんな人達の心をふんわりと軽い風のように動かしたり

とても雰囲気があって素敵な人達
自分らしさを装う方法を熟知しているような人達も
彼女のところを訪れていて

手持ちのアクセサリーをこんな風に変身させたいとか
もしくは、一回ばらして、別なものに創り直すのにどうしたらいいかな、とか
(↑こういう作業はある意味、錬金術師のよう)

そういう意味で自分の中で’ものつくり’マエストロ 
今彼女が広げていく世界が興味深くて注目度No1のM+mさん

そのセンス光るアクセサリーを創る陳麻衣子さんが
月1ワークショップをやっているというから
では次は絶対行かせてくださいとお願いして参加した会

M+mさんのサンプル作品を見せてもらって
そこから’自分色’ ’自分の形’を創作していきました

こんな風にアレンジしたい というのもokで こうしたらいいよ、と手取り足取り:)

私は’香り’には敏感ですが、’視力’がおちてきていて、あまりよく見えていないので
こんな細かい作業は無理なのでは、と思いつつ

見事出来上がったのは、自分にとっての’秋色’のピアスでした:)



’ものつくり’って心や頭に浮かんだものを形にしていく作業
そこにはそれを可能にするための技術が必要で
’思考’と’心’と肉体’の共同作業でもあって

自分が身につけるものには、その人のいろんな心が現れているような気がします:)
それは、その人の美意識の形だし
好きな色、形を創り出す作業は、’夢中になる’という時間をくれました:)

秋の恵みの色
キャンドルの灯りの暖かさ
小さな’キラキラ’バックはちょっとした幸せ:)

次回も楽しみにしています:)



0 件のコメント:

コメントを投稿