2016年3月28日月曜日

宇宙と繋がるひらめきと復活の石

日本では余り馴染みのないイースター<復活祭>

十字架に架けられ命をおとしたイエス・キリストが三日後に復活した事を記念するキリスト教の行事で、毎年<春分の日の後の最初の満月の次の日曜日>を祝日とし、家族・親族が集まって御馳走を囲む機会となっています
また、この時期にあちこちで見かける卵形のお菓子など含め、カラフルに装飾されたイースターエッグを見かけますが、この’卵’はイースターにおいて’生命の始まり’を象徴するものなのだそうです。

ここイギリスでは、森の中でイースターエッグを探すエッグハンティングやら
おさじに卵をのっけて割らないように転がすエッグロールと呼ばれるレースやら
家族向けのアトラクションもあちこちで行われ、春の到来を祝う時でもあります。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
イースター最初のセッションでお迎えした、輝くように美しい方
イメージの中で珊瑚をあしらったような豪華な髪飾りに何層もの色鮮やかな衣をまとい
そのきらびやかさにひけをとらない堂々とした美しさで微笑む姿が
現代の彼女の笑顔にいつも重なります
美しい羽衣に包まれた天女に重なるときもあります
その人の佇まい、から受ける印象は、その人のエネルギーそのものだなとよく思います
そういう意味で、高貴で、妖艶ながら神聖さを讃えている
そして、強く優しい、類い稀な女性の香りでした

Lavender, Frankincense, Bergamot, Orange, Neroli, Geranium


<パワーストーン覚え書き>
例えば、オーラソーマでは一本目から4本目まで、選んだボトルによって、
それぞれが示すリーディングが違ってくるそうです。

1本目は人生の学び、使命、目的と魂の本質を示し
2本目は、自分に与えられたチャレンジ、可能性、才能
3番目は現在の自分の状態

それがもしかしたら、これにも通じるのではないかと、選ばれた石を眺めながら感じた事

今日はその観点で書き残しておきます

☆ラブラドライト

アゲハ蝶とか孔雀の羽のように例えられるこの石は光、見る角度によって色彩が変化するとても美しい石。はじめて見た時、こんな美しい天然石があるのだと、それは驚きました。この例えようのない色彩の光は銀河系の惑星のどこかから、ラブラドライトを通して発せられる情報だとも言われ、手に取った人に宇宙からの叡智、未来の知恵を伝える石、別名「ひらめきの石」とも呼ばれています。

顕在意識よりむしろ潜在意識や、もっと深い魂レベルに働きかけて、今世での魂の目的に導く力があると言われる石です。また、そのための、洞察力、インスピレーション、直感力、を高め、私達が流されないようにサポートする力、それはこれまでの体験から蓄積されてしまった既成概念という思考の縛り、呪縛を解き放ち、もってうまれた潜在的能力をひきだして才能を開花させる力です。そのために、石を手にとった人が潜在的に抱える問題を顕在化させ’気づかせる’ためのプロセスへと導くこともあります。その場合、一見またか、といったような辛い事象かもしれませんが、そこでの’気づき’’学び’が、自身の魂が真に求める方向へと繋げていくターニングポイントへと繋げていきます


霊性を高める石」だから、相手の意図や気持ちなどが何も言わなくても手にとるようにわかってしまったり、いろいろな事柄が関連性を持って動き始めるシンクロニシティを体験したりという事もおきます。突然’悟り’を体験する方もいるかもしれません。

また、ラブラドライトは、負の感情を取り除き、平常心でいられる事、自分を素直に表現できる状態を助けます。この、調和、温かさ、癒しの力によって、信念を貫くための忍耐力も強めることができるでしょう。つまり、現実に世界での大きな転機、変化を迎える時に、その人の魂の目的にあった役目、仕事、環境、人脈を引き寄せ魂の目的の達成へと繋ぐ力をもつ石だと言われています。

*これはaromayaに幾つかあるラブラドライトの中で最も大きなラブラドライト。やはりその分、とてもパワフルなエネルギーを感じます。これが選ばれたという事はその魂の覚悟の大きさ、だというようにも感じます。私自身、大きな転機を迎える時にこの石に出逢いました。同時に自分の持つエネルギーの質も劇的に変化した事を気づかされるような事が幾つかおきましたから、その方が魂にそった生き方をしていく転機に立たれているのかもしれません。そして、それは宇宙の力で守られているようです。

☆ジェイド(翡翠)
通常ジェイドというと、青緑の石が思い浮かぶのですが、これは乳白色のトーンを含んだイエロージェイドです。まさに復活祭の日に選ばれた大きな卵の形をした卵色のジェイド

卵形の石は潜在能力を引き出して可能性を広げてくれ、復活、生命力といった意味合いを
もつのだそうです。既にラブラドライトの示す事とシンクロしています。

古代より、ジェードは、願い事を成就する魔法の石」と崇められてきました
東洋では、健康、高貴、長寿、徳を象徴する石とされ、中国ではこの「玉」を持てば 仁・義・智・勇・信の五つの徳が備わるとして尊ばれたそうです。

また「哲学の石」「知恵の石」「人徳を高める石」とも呼ばれ、知恵と記憶力の向上させ目標へと導く精神性を高めパートナーシップをとりなし、そして、人生の成功と繁栄を守護する、と言われています

護符としての力も強く災難や不運を遠ざけ平和な眠りを守るとも信じられてきました 

イエロージェードは知恵と安らぎ金運を高め、不安を取り除くとされています。そして黄みがかったトーンの白さの度合いはまるで、このジェードの象徴する、魂や精神性の純潔さ、心への浄化力を示しているようです。

このジェイドを眺めていると「穏やかさ」「安定」「平和」といったエネルギーが浮かぶのですが、この石の浄化の波動はとても穏やかで、それでいて強く、手に取ると、手足先まで流れていく事を感じる事があります。(身体には、腎臓、肝臓、目の疾患、血液浄化、体内の毒素を排出する力があるとされています)

はじめて見つけたときに、とても気になり、手に取って心の中で石に問いかけました。その時にエネルギーを感覚として味わうという形でコミュニケーションをとる事のできた石、不思議な出逢いでした。また今でもそうやって、聞けば「語る」私にとってそれは特別な石なのです。先述のラブラドライトでの宇宙と繋がるような覚醒があって、このジェイドという護符との出逢いがあったので、同じ順番で選ばれた事に、なにか親近感のような、もしかしたら同じような魂の役目をもっていらっしゃる方なのだろうか、と、そんな気がしました。これまでの自分の在り方、自分という自己の認識、また取り囲む周りの状況や環境の大きな変化、そして再生、復活というプロセス、真の五徳を学ぶための生き方のはじまりであると、今一度知らされたような気がします。

☆蛍石(フローライト)

この石は最近リピートして選ばれているので、その中で一番今回感じたメッセージと近いものを書き写します。

いわゆる負の感情、意識を浄化して、高い次元に導く力を持つという 別名’天才の石

心や意識にのしかかっていたエネルギーを洗い清める事で、精神的なストレスレベルのリセット、そして、心の疲れの癒しがはじまるのです。そうした心の状態は無意識のうちにためていた身体への緊張を緩め魂レベルで精神性を高めるモードへと、繋げていきます

フローライトはいろいろな色の種類があり、その色具合によってエネルギーの特徴が少しづつかわっていきます。この水色のフローライトは日本の和の色を思い起こさせます。藍染めの中で最も薄く、ほんのり黄味を含んだ淡水のような白藍(しらあい)色と薄い浅葱(あさぎ)色のまじった蛍石で
なんともおちつく色合いです。その色のとおりのエネルギーの質感で、これは、平和で明るい気持ちへと導きます。心に静けさをもたらし、魂と思考を繋げることを助けてくれるのです。そして、ものごとへ集中する力記憶力理解力を高め、心身の状態を安定させてくれます。

そしてこの色は自分の感情を上手く表現するコミュニケーションのチャクラを活性化させる色です。何か伝えたいこと、表現したい想いがそこにあるのでしょうか

後から、これからとあるプロジェクトをまとめとりしきっていく立場にまわられる事になったと伺いました。
これは、どうやら、それらをまとめていくのにコミュニケーションの力がより必要になっていく事、より発言していく機会が増える、という事に対しての まさにピッタリな波動の石を選ばれた、という事のように感じました。



#1人生の学び、使命、目的と魂の本質
#2 自分に与えられたチャレンジ、可能性、才能

#3現在の自分の状態

もし これがあてはまるとしたら
なぜか、よりしっくりきたのです。:)

これから忙しくなるかもしれませんね。その中で立ち止まるような事もあるかもしれませんが、きっとたくさんの感謝の気持ちに囲まれていくはず。この大きな転機が素晴らしい未来へと続いている事を信じてやみません。迷ったらご自身の魂に問いてみてください。魂が喜ぶ選択をしていかれれば’ありがとう’に満ちた人生は開いていくと思うのです。

愛を込めて aromaya

*ヒーリングストーンや精油に関する解説はそれを選ばれた方ごとに思い浮かぶ
個人的なメッセージも兼ねているので、微妙に異なることをご了承ください

*aromayaで使っているヒーリングストーンはt-stonesさんからのものです



0 件のコメント:

コメントを投稿