2016年4月20日水曜日

Herbal Works/フレッシュハーブで作るローズマリー・ソープ

”葉の香りをかいだだけで 若さが保たれる”

イギリスのハーバリスト、ジョセフ・バンクスがそう書き記したローズマリー

そのローズマリーを使った洗剤づくり
鍋いっぱいのお水にフレッシュ・ハーブをいれて沸かす作業です
台所だけではなく、家中にほのかな自然のハーブの香りが漂っていきます
精油をたくのとは又違った香りです
お料理をしているような案配で
胸いっぱい気持ち良いハーブの香りを楽しみます
ローズマリーを煮込むこと20分
琥珀色のハーブウォーターのできあがり
少しだけ小分けしてハンガリウォーター(化粧水)作りにつかいます
ニールズヤードの小林直美先生に教えてもらったレシピ
これまでで最高にさっぱりとした使い心地で頭の先まで使っています
本当にスッキリとするのです

ハーブウォーターが冷めないうちに 
オリーブ由来の昔ながらのフランスの石鹸
マリウスファーブレのソープ・フレークをよくかき混ぜて溶かします
粗熱がとれたら精油も加えます

☆用意したもの☆
石鹸フレーク カップ1/2
水 1ℓ
ローズマリー 適量
精油 スウィートオレンジ ローズマリー適量

*マリウスファーブレの石鹸は濃厚のせいか、この量だと仕上がりがブラマンジェのように固まりはじめてしまったので、水をさらに1ℓたして、合計2ℓ使用
これで洗濯用の洗剤ができあがりました
台所での仕込み作業の間に鉢植えの植え替えや頂いたお花をポプリにする準備など

出来上がった洗剤でさっそく洗濯器をまわしながら
新しい鍋に黒豆をうつして ポルトガルの豆料理’フェジョアーダ’の仕込みにかかります


0 件のコメント:

コメントを投稿