2016年10月16日日曜日

アバターを探せ/ 香りで繋ぐ精神とエネルギーについて


aromayaの秋の基礎コース、レッスン1『香りのシャーロック・ホームズになりやがれ』に引き続きの、レッスン2。題して

 ☆アバターを探せ☆ 〜香りで繋ぐ精神とエネルギーについて〜


初回でいきなりカンバーバッチまで出してしまいましたから、ひっこみがつかなくなってしまいました。爆。が、生徒さんの反応は「アバターって聞いた事はあるけど意味がわからない」「知らない」「あぁ、あのちょっとコワい顔の、、」(←あぁ、顔が青いですもんね、、)

やっぱりね、、、あまりよいイメージがないらしい、、、

異星人関連の銘作を数々手掛けてきた、Jキャメロン監督のフィルム『アバター』はパンドラという惑星とパンドラの森に住む先住民族ナヴィと人間との物語なんだけど、この美しい星に派遣される元軍隊員のジェイクという青年は軍隊時代に脊髄損傷して下半身不随なのですよ。だけど、この星の開拓用に人間とナヴィ族のDNAを融合して作られた<アバター>なる肉体が発明され、この’アバター’にDNA提供者の’精神’をリンクさせるとそれがリアルな生き物になる訳。そして、ジェイクは自分の分身<アバター>に精神を繋げる事で、森を飛び回り、ナヴィ族と親交を深め、壮大な旅をはじめ、ナヴィ族のリジェンドとなるというお話。。。

という訳で、アバターとは自分の分身となるキャラクターの意味。元々は、サンスクリット語の’アヴァターラ’=インド神話や仏教説話に登場する神や仏の化身を意味します。

aromayaにとっての精油はアバターラのようでもあり、この組合わせしだいで最強の’アバター’を創造しよう、という、やや無理くりな導入でしたが:)

<特徴、個性という点と点を繋いでzoom outすると見えてくる世界>

☆植物という世界のどの部分から/どの部位に 存在している どんな特徴を持った どんな得意技を持った 香り族がいるの?

☆今のわたしに合う、必要な、元気をくれる、または守ってくれる、香り族とは?!

全ての物、人、事柄には関係性があります。
例えば、より良い人間関係を築いていきたかったら、その人の、経歴や肩書きだけではなく、ひとがら、を知りたくありませんか?
得意な事とか、最適な関係を築くために、取り扱い説明書的な事も。苦笑。

<香り>についてそんな感じの観点で向き合ってみます。

大概の自然界の事は、実は、私達は知っている事ばかりです。ただその情報が連動していなかったり、偏った見方になっていたりすると、その本質に触れる事が難しくなります。(←これが調整が必要なところで、’思い込み’や’偏見’という枠を外してみるべきところ。これは’植物’や’香り’の話です)

これまで見えてなかった、気がついていなかった事を調整して、情報を繋げていくと輪郭がみえてきます。そのまま、ズームアウトしていくと、その様子がより明確に理解できます。中身の整理もできているはずです。

<エネルギーにzoom inしてイメージ変換で深まり広がる世界>

さて、今度は’情報’から離れて、エネルギーの本質を感じてみる練習です。

例えば、誰か良く知っている人を思い浮かべてみてください。

そうですね〜。素敵だな〜と思える人だといいですね。:)

素敵な人、思い浮かびますか? 

金ちゃん         鬼ちゃん
リョウくん           浦ちゃん

武さん            花ちゃん  
 
*注:ちなみに、身近な人を、思い浮かべましょう:)

今度は、その人の名前、肩書き、姿を一つづつ外していきます。
(外したくない!かもしれませんが外していきます。爆)

姿形のないその人の真のエネルギー体はあなたにとってどんな印象でしょうか。

感触は? 柔らかい感じ、清々しい感じ?
色は? どんな色を感じるでしょうか?
音は? どんな音が聞こえるでしょうか?
温度は? あったかい?それともクールダウンするような感じ?

もし具体的にイメージ変換していく事が難しかったら、
ばくぜんと’感じてみる’でもよいのです。

もし、相手とあなたが既に精神的に繋がっていたら、
この瞬間、私達の精神はそのエネルギー体に繋がっています。

正しくは、その人のエネルギー体へのアクセスの窓口があいていなかったら、そこに繋がることはできません。(だからエネルギーワークをするプラクティショナーはワークの前に御本人にアクセスの了解を確認します。つまり、誰も本人の合意なく、浦島太郎にも金太郎にも花咲爺さんの真のエネルギーにアクセス/侵入する事はできません。←だって自分のエネルギーに知らない人が勝手に繋がられたら、嫌ですよね?!だから私達は境界線をちゃんと保つ事が大切なのですが、たまにポートに穴が空いていて他者のエネルギーを受けてしまう人もいます。そういう時の傷の手当と穴の修理に、ヘリクリサムが効くような気がしますが、そういう話は又いつか別に)

仮に、その繋がり感は一方通行で、閉じていたとしたら、どういう事が起きるかというと、自分のイメージの中で、それに近いエネルギーのプロトタイプのポートにアクセスしています。

それは貴方をどんな気持ちにさせますか?

心地よいですか?

もし、なにかキュンとなるような、震えるような感じがあるとしたら、それはあなたの魂がそのエネルギーに共鳴して震えているという事です。もし、そういう事が起きていたら

この時点で脳内ホルモンのスイッチがはいります。

例えば嬉しい時、楽しいという感情はエンドルフィンが。又私達の健康に大きく関わる免疫機能ホルモン、ナチュラルキラー細胞の活性化といった生理学的な変化も実際に起きている、という事です。(いつか’涙’の浄化作用とホルモンについても書きます)


<Perfume Remdy no.2; 香りのアバターを創り出そう> 

私達は持って生まれた真のエネルギーがコアにあって、これは、環境や体験によって、少しづつ変化していきます。フラワーエッセンスでのエネルギーの捉え方がそれをよく表していると思うのですが、玉ねぎの皮を剥いていくように、蓄積してきたものをはがしていく作業をすると持って生まれた’純粋’な自分の’中心’にアクセスできるようです。
(この殻を強靭にしているのは、思い癖やトラウマというようなもので、それは自分という光を濁らせていたりします。どんな光のトーンの人でいたいかは結局は本人の選択なのですが、生きてる間に、生まれてきた時の光り輝く魂にもう一度出逢ってもらいたいなと思います。)

というわけで、前置きがとっても長くなりましたが、、!

『自分の経歴、肩書き、見かけ、イメージ、抱えていること、問題を対処する力、全てへの、わたしがああだったらな〜、こうだったらよかったのにな〜、〜でありたいけど自分には無理〜、そんな風な私達の’理想’と’現実’の枠を、一瞬にして飛び越え、その向こう'beyond’にトランジットする為の香り〜あなたの本当の魂の姿を表すアバターの香り作り』

↑『えぇ〜?!’集中力を高める’とか’免疫強壮する’とか’リラックス’のロールオン作ったんじゃないの〜?!』って、後からこんなメッセージを受け取って、驚かれた生徒さんもいらっしゃったと思うのですが、はい、両方です! でも、aromayaだからやりたかったのはアバター制作です。:)


皆さんがそれぞれ、選ばれた’香り’が、それぞれの生まれながらに持ってきた本来の’素敵’なところ、そこに繋がって、次に、理想の’分身’へと繋がる、香りのアバター。

いい香りだな〜と感じた瞬間、香りのエネルギーと自身のエネルギーは共鳴を起こして波動が上がります☆

それぞれ、皆さんに、選んでいただいたキーオイルから、アバター’ブレンドづくりの、香り選びのナビをさせてもらいましたが、決め手は、嗅いでもらった瞬間の皆さんの表情や声の変化、エネルギーの変化の具合。

そうして、できあがったブレンドは、本来その人が持っている魂/エネルギーを思い起こさせる香りとなっています。

人って、生きていくうちに、お札貼られたり、いらんもんしょってしまったり、勝手にセルフイメージを作ってしまったり。ピカピカだったランドセルが使い込んでいくうちに、いい味のあるものになっていくか、ボロボロになるかは、どう扱われて使われてきたかで変わってきますよね〜。人も同じ。ピカピカで生まれてきた自分をこれまでどう扱ってきましたか?どう扱われてきましたか?もう一回これ、リセットしてみましょう。

香りを手首につけて、その香りを味わってください。(深呼吸のすすめ)
これは、あなたの魂のアバターです。
これが、本来の’あなた’というエネルギーの香りなのです。

へ〜、これ、わたしなんだ〜、と味わってください。

そして、その先のエネルギーと繋がってください。

そして、たったこの一塗りであっても、有機化合物としての芳香成分は、5分後には全身を巡る血流に乗って、20分後には全身に効き、身体的な内側からの’整え’も起きているのだという事もお忘れなく!!!

オマケ「みんながみんな英雄」





0 件のコメント:

コメントを投稿