2017年4月6日木曜日

Shanti Day 香りのある瞑想`今一度'自分'と繋がる,春のココロの浄化と目覚めと癒し

”良い香りは深い呼吸を導く”


毎月一回、北ロンドンにて行われている瞑想会’Shanti Day’

4月はaromayaがゲスト・ファシリエーターとして参加させていただきます

いつもながら、ギリギリの告知、、、!汗。

大体の構想はありましたが、具体的なお題目が降りてくるまで(と、ここでいつも時間がかかってしまっています)大まかにしかお知らせできませんでした。(腑に落ちないと書けないタチです)
が、ようやく、バチ〜っと出てきました〜のでご報告です。

『寒くて暗〜い冬の後、ようやく訪れたこの’春’という季節は、自分自身の’春’を目覚めさせる時でもあって、冬の間、縮こまっていた体とココロを、ぐぐ〜っと、筍みたいに、伸ばして、ゆらゆら〜と揺らし、ほぐして、’自分の中心’にたどり着く、そんな時期の到来』

はい、そうなんです。そういう時期、しかもあらゆるものの吸収率の強力なタイミングの満月前夜のイベントです。

『香りがナビする瞑想の時間;浄化〜春の断捨離;ココロと体のエネルギーのお掃除〜自分と繋がろう〜忘れていた自分を取り戻そう〜 'be me be free'』
日時:4月10日(月) 11:00~13:30
場所:ノースフィンチリー
10名様限定
料金:25ポンド
<瞑想のためのアロマセラピー>
☆アロマと瞑想☆
瞑想に必要な’今ここ’に繋がること
’香り’には深い’呼吸’を導いて’今ここ’へと導き、浄化、グラウンディングを助ける力があります
まずは浄化と鎮静の香りで疲れた心身を浄め〜それからハイヤーセルフへと繋げ守ってくれる香り滋養と癒しの香り〜仕上げにバランスと落ちつきの香り〜の4つのフェイズの香りの旅をアレンジします

神聖なクリスタルボールの音色を聴きながら、ゆっくりと横になって、香り聴きをしていただきます
☆香りのゆるすいっち体験☆
からだと心がほぐれるともっと自分を発揮できます。知らない間にためこんだ’こわばり’をゆるゆるとゆるめてみましょう。
アロマ瞑想と共に、マッサージセラピストとしてのaromayaがおひとりづつに必要な’ゆるすいっち’にハンドオントリートいたします。(エネルギーに介入するのではなく、寄り添うスタンスで行います)ただ横になって音と香りとゆるすいっち感覚をお楽しみください。

*お時間のある方は、ランチを是非ご一緒しましょう。(お魚メインでひとつ£8となります)
今回は、ロンドンの食通さんなら誰でも知っている、お料理研究家のKitchen 34の金澤みずえさんがお弁当を用意してくださいます。お持ち帰り分をご希望の方も含め、予約限定となりますので、ご要望の方はyorozuyauk@gmail.comへお願いします。(ちなみに、お弁当だけ欲しい、という方もありかしら。ピックアップの時間は限定されますが、なかなか、みずえさんのお弁当をいただける機会も限られていると思うので、どうぞ、お問い合わせください)

*午後は、なんと、aromaya含め、様々なセラピストによる個人セッションも可能です(要予約)

☆ AYOMAYA個人セッション
1. 自分を知る’アロマリーディング’+アロマリフレクソロジーのセッション 
(アロマリーディング15分+アロマリフレクソロジー30分)£50
今の自分に必要な香りとそのメッセージ 香りはその人の心身に必要なものを伝えてくれます
その今の自分に必要な香りのメッセージを受けってください
そしてその精油をブレンドして、足先のマッサージを行います。香りを心身にとりこんで溜まった疲れを癒します。*必要であれば、フットリーディングもお伝えします。

2. 自分を知る’アロマリーディング’+アロマフェイシャルとデコルテのセッション 
(アロマリーディング15分+アロマフェイシャルとデコルテ30分)£50
または、1.2のトリートメント内容に下記をオプションでつけることも可能です。

3.香りのデコルテ/首肩〜ヘッドマッサージ (着衣したまま行います 15分)£25

4.アロマフェイシャルマッサージ (ブレンドオイルをつかいます 15分)£25
☆ 信頼とハートのこもったトリートメント、+あなたを守り、メッセージ伝えてくれる人、大村直子さんの個人セッション
Sorensen Japanese cosmo face lifting 60分 £45
☆ 聴く人;耳とココロとハートが繋がってる;そして、あなたを癒して可能性をひきだす;マヒューズ雅子さんの個人セッション
*ホメオパシー £75
*メディカルレイキ 45分 £55
*アクセスバーズ 60分 £65

*お申し込み、お問い合わせは、yorozuyauk@gmail.com さんへ


0 件のコメント:

コメントを投稿