2017年9月4日月曜日

青のヒーリングジェルと足先を癒すアロマの会+賄いランチ

aromayaの新しい単発レッスンシリーズ <五感で味わうレッスン>#2

ロンドンの夏もそろそろ終わり、次の季節の秋へと早足で駆け抜けるこの頃です。

サンダルで歩き疲れた足のケア、虫刺され、頑張りすぎた首肩や腰のはり、頭痛に夏バテ気味の胃腸、なんとなくだるい、もう少し元気が欲しい、免疫アップも兼ねた全部お任せの、す〜っとする使い心地のほんのり青い万能ヒーリングジェル作りの会。

ジェルのレシピはできあがっているので、それに用いる精油それぞれの効能を学びながら嗅ぎ比べをしてもらい、薬理効果や香りがどんな風に響いていくかの香り聞きを楽しんでもらいます。

今回、参加してくださった皆さまは、夏休みのホリデーから帰国したばかり。
かなり濃厚な自然の中で体力を使うアドベンチャラスな旅だったり、魅惑の美味しい時間三昧で胃腸がお疲れの方など、それぞれ、微妙に癒しどころは違っているものの、元々、心にも体にも効く’万能’の癒しがテーマの会であったので、青の万能ヒーリングジェルの作成後は、各症状を緩和するためのセルフフットケアの実践となりました。

膝〜足先までの経絡と指圧ポイントを効果的に刺激して、全身のアドジャストメントをしていく方法です。この方法は施術の方法を覚えてもらうというより、参加してもらった皆さんに、実際に’癒し’を体験して楽になってもらう、というのが狙いなので(もちろん、そのやり方のハンドアウト資料もお渡ししましたが)体に溜まった疲れが、手作りジェルを使って、ほぐされていくのを実感してもらうことに。:)
5分ほどでも足先の色合い(血行状態)が全く変わります。


不思議なことに、同じレシピでつくりものをしても、微妙に色合いが違ったものが出来上がります。毎回、そうです。何かを示しているようです。

それから、気になるパームストーンを選んでもらいました。

こうやって、いくつかのエレメントを合わせていくと、その人に今必要なエネルギーがより明確に、また相乗作用でその力は増倍していくようです。

成分は全く同じ、だけれど、どう効くかの意図がそれぞれ違ってくるような。作り手のエネルギーもまた織り込まれています。

さて、レッスンあとは賄いごはんをつつきながらの時間です。お待ちどうさまでした!
(とても楽しみにしてくださっていたみたいで、嬉しい限りでした。)
ipadも携帯も故障してしまい、写真が撮れなくて、送ってもらいました。
Mさんありがとうございます!

8月29日の賄いメニュー


茄子とスモークサーモンと胡瓜の山葵醤油マリネ

コーンとレタスと大根の発酵キムチ入り冷製スープ

蓮根とベーコンとひじきのきんぴら
めかぶとツナ入り厚焼き卵の大根おろしオクラあんかけのっけ

フェンネルとチコリと紫玉ねぎの味噌ドレサラダ
ツナ入りキャロットラペ
アボカドと雑穀の柚子胡椒グリーンサラダ

グリーンペッパー入り麻婆豆腐丼(牛蒡茶と生姜の炊き込み玄米ごはん)

桜の花の塩漬けと餡子入り団子のレインドロップケーキ

今日お集まりくださった皆さんは、以前、基礎コース6回を修了された方々でした。10月に別の単独ワークショップリクエストして頂いたので、またお迎えできるのを楽しみにしています!





0 件のコメント:

コメントを投稿