2017年9月3日日曜日

meteorのつぶやき


aromayaはアロマセラピーのレッスンやワークショップをやっているから、アロマの先生だと思われる事が多いのですが、イギリスのアロマセラピストは、基本的に精油をブレンドしてアロマセラピーを施すマッサージセラピストになります。

イギリスで勉強して資格をとった自分は、解剖生理学とスウェディッシュ(オイルを用いた)マッサージの国際資格の取得から始まり、今も現在進行形で、マッサージセラピストが本業になります。

2006年にマッサージセラピストになってから、ロンドン市内の幾つかのサロンで働く機会もあったりして、しかし、こちらの人にとって 'yoko' (ヨーコオノね)とか'mariko'(映画’将軍’ね)といった名前だと認識しやすいのだろうけれど、’michiyo'って馴染みない名前で、ある時、出会ったスパニッシュのスペイン文学の研究家が、「michiyo sounds like meteor, so I call you meteor」(’みちよ’か、音が’メテオ’(=彗星)に似ているね、では今日から君の事をメテオと呼ばせてもらうよ)と言われたことがあって、それがなかなか気に入って、それから、英語で’君の名は’と聞かれたら、’michiyo like meteorと答えるようになったのですね。

個人的な情報を含む施術に関する記録は守秘義務に関わるので、表立って出すことは控えていましたが、深く記憶に残るものは日記のように認めていました。

そろそろ、それらを’お話’的、文章で解放しても良いかなというところに辿りついたので、その頃にしたためていたmeteor(彗星)としての呟き、をここに残すことにします。

meteorの呟き ♯こんなはずじゃなかった私 へと 続く


virtual insanity jamiroquai

0 件のコメント:

コメントを投稿