2017年9月1日金曜日

Peace & Love supreme の香りのかたち

誰かの為にブレンドする時、その人の体調やこころの具合を伺ったあと、その人のエネルギーを感じてみます。

薬理効果はもちろんのこと、見えない部分でどう作用するか、何をどうしたら、その人の調和がとれるだろうか。

その人が持っている本来の魂を輝かせて、美しい音を奏でるのにサポートする香りはどれだろうか。
<Peace &love Supremeの香りのかたち>

とある事故にあった友人のためにブレンドを考えていました。

今ある症状の緩和と早期回復のためのアロマセラピーで使ってもらえるもの、そこで一貫して浮かんでいたのは、'peace and love'というテーマ。日本語で’愛と平和’と書くとなにかベタな感じがしてしまうけれど、'peace of mind'という平和な気持ち、愛という内側から滋養を与えてくれるもの、そういうエネルギーに包まれてほしい、満たされてほしい、そんな気持ちがありました。

そんな折、コルトレーンのドキュメンタリー'Chasing Trane'の上映があり、そこで彼が音に込めたspiritualityのようなものを再認識、再体験して、ある意味打ちのめされて、あ、これだ!という感じ、コルトレーンが’答え’をくれたような気がして、一気にできあがったブレンド。


*Perfume Remedy; Healing Blue 傷ついた天使くんのためのヒーリングバーム

ホホバオイル/マカデミアナッツオイル/シアバター/みつろう 
イングリッシュラベンダー 
ヘリクリサム 
フランキンセンス 
カモミール・ローマン 
カモミール・ジャーマン 
ゼラニウム 
ブルー・スプルース 

*Perfume Remedy; Peace おかあさんをサポートする日常使いのバーム 

人とのやりとりで、疲れたり、神経過敏になったり、自分がぶれそうになったり、そんな時に力を与えてくれますように
Healing Blue 
スウィートアーモンドオイル
みつろう 
ネロリ 
カモミール・ローマン 
ヤロウ


*Perfume Remedy; love supreme アンカーしてグラウンディングを助ける浄化の香油
凹んだり、イラっとしたり、自分がぶれそうな時に、本来の強さや、朗らかさを取り戻したいときに、自分らしく魂にそって生きられるように。

ホホバオイル 
カモミール・ジャーマン
カモミール・ローマン
ミント・ベルガモット
フランキンセンス
マジョラム
ローズマリー
イングリッシュラベンダー

2017年8月17日 大きな変容のエネルギー渦巻く’青い嵐’の週の、人と人、この世と別の世界を繋ぐ、再生の’白い世界の橋渡し’の日

そうして、一緒にイギリスから旅立っていった7つの香りの賢者と勇者たち
どうぞ力になって活躍してきますように!



空をよく見上げます。
その度、その景色に感嘆します。

それはたくさんのかぞえきれない色、かたち、流れが、常に変容して姿を変えていく様子

その大気の質感や風の動き

遠くから旅してくる香り

近くで語りかけてくる植物の香り

あちこちから流れてくる音

温度 湿り気 乾いた空気

奇跡のような’調和’の姿がそこに広がっています。そして自分もそのひとつだということに気がつきます。’地球’という美しい星、空の向こうに広がる’宇宙’ わたしたちはその間に存在しているひとつのパーツで取り囲む’環境’をつくっています。その中で’調和’を奏でるには周りを聴くこともまた大切だと感じるのです。

ハーモニー/調和というのはひとつのエレメントだけではなく複数のエレメントがあってこそ成り立ちます。人はそれを意図的に調整してプロデュースして形にすることができる存在、この自然の姿、在り方から、そのことに関してとても大切な、さじ加減のようなことを教えてもらっているような、そんな気がします。

こんな雲を見ていると、闇もあっての光、’自分’というエネルギーが対峙したとき、その闇が優しい闇になったり、暖かい闇になったり、寄り添う闇になったり、そのうち闇は形を変え、どこかへ消え、光が満ちて、そしてまたどこかから現れて姿を変えていく 森羅万象の讃えるもの 言葉ではなく なにか 超感覚的なことを 教えられている気がします。

Chasing Trane



0 件のコメント:

コメントを投稿