2017年12月20日水曜日

meteorのつぶやき#6 宙のリズムとマヤ暦とタイムスケープ

2016年12月に出逢ったマヤ暦は、それ迄漠然としていた’宇宙のリズム’みたいなものや、この世の中の’エネルギーの性質’’それぞれの意図’のようなものを明らかしたような衝撃があった。→Healing Bazzar 番外編2016 魂の行く先を知るマヤ暦リーディング


その事について、起きた一連の奇跡のような出来事について、書き残そうとずっと思っていたのを、ようやくあげます。
z
〜タイムスケープ〜

5月23日 銀河の音13 マヤ暦一年間総仕上げの日で集大成の日。
 ’母のような無条件の愛’がテーマの黄色い太陽、’均整、調和、美’の象徴、黄色い星のエネルギー宿る日。

「終わりが始まりであること、死が生を生み出す事を知る日」

マヤ暦での大晦日。自分と全く同じキンナンバーの方とのご縁があった。
魂の資質、目的、お役目が全く同じとなる。もちろん、それが発揮できる才や行動力は個々の違いがあり、やり遂げられる事に対して、同じとは到底言い難いのだけれど、明らかに人を照らす’黄色い太陽’とこだわる事で極める’黄色い人’の素晴らしいお手本のような方との私にとって奇跡的な出逢い。

「時間と空間を超えた超次元へ誘う’シャーマニックドリームクリスタル’との時間」

〜これまでのタイムスケープ〜

6月6日 第一の城’種まき’の期間; 銀河の音1の’はじまり’で ’罪を許す女神’の白い魔法使いダブルの日。(meteorのつぶやき#4 How Can You Mend A Broken Heart
リアル白い魔法使い二人と会った。とりもってくれたのは、自由に大空を飛び回り、キラキラ光るものを見逃さない’青い鷹’。しかも銀河の音1の火付け役の彼女。
白い魔女たちと私(黄色い太陽)のやりとりを面白そうに眺めていた。
道中に二重の虹を見あげた。世界が何かを象徴的に示している。
’ひとつ’に包括されるもの、’ふたつ’に相反して成り立つこの世界の姿。
今の自分に降ってきたテーマがはっきりとわかった日。

「最高の魔法 ’愛すること’、これをもって、永劫的に背負っている重荷と対峙する」

不思議なことが起こりはじめている。
いや、起きていた。ずっと起きていた。
その事にようやく気がついただけ。

6月28日 第一の城のステージの結びの期間;銀河の音5’軌道修正して中心を定める日’ ’チャレンジ’の黄色い戦士’癒し’’手放す’’手に入れる’青い手の日。meteorのつぶやき#5 絆

「自分の核と対峙する日、行きていく為の自分の中心となるものを見つける日」

そして、パンドラの匣があいた日。

繰り返し出逢い見送っている、ひとつの魂との思い出との対峙と深い癒しが起きた日。
’わたし’という魂はあらゆる次元に存在していて、それを繋いでいくonenessみたいな次元に辿り着いた。また、もし、迷ったら?

「自分自身が愛である、という事を思い出しなさい」

そう、緑の指輪が教えてくれた日。

6月30日 ’一人で悩まない、共有する事で問題が解決していく力の働く’銀河の音12 ’秩序を保ちながら自分の世界の枠を外し、その向こうの可能性、そして調和を体感する’白い鏡、’手から広がる癒し’の青い手の日。

「自分にとって大切な事は多くの人にとっても大切であることを知る日」

ずっと会いたかった入江監督をお迎えした日。アロマセラピーや諸々のこと、自分の中の’どうなのだろうか’が’それでいい’へと明確になった日。奇跡のようなご縁を頂いた日。

10月6日 銀河の音6 またしても’チャレンジ’の黄色い戦士、そして’トリックスター’の青い猿の日。

「自分には何ができ、成し遂げられるか、自問自答し体験する日」

それが *Shanti day’石と共に瞑想する’会の日
ヒーリングストーンのT-Stonesタカコさんによる瞑想の時間であった。

meteorのつぶやき#7 シャーマニックドリームとクリスタル/次元を超えた癒しの瞑想会 へと続く



癒し ヒーリング












0 件のコメント:

コメントを投稿