2018年2月1日木曜日

はじめての足読みと癒しの睦月の会


今年最初の『はじめての足読みと癒しの会』の単発レッスン。
少しづつ日が長くなってきているロンドン。4時過ぎてもまだ日暮れ手前の明るさがあり、店先にはダファデルの蕾が並んでいて、そろそろと、明るい黄色の花を咲かせ、もう少し先ながら、春の訪れを知らせてくれているようです。

とはいえ、今朝は霜に覆われ、寒かった〜〜〜。:)

そんな寒い日の前の晩は’湯たんぽ’が大活躍していて、朝方までお布団の中はぬくぬくと’おこた’のような極上の寝袋状態なのですが、目覚ましのなる前にぱっちりと目が醒めました。

全ての会は特別でone and onlyながらも ’足読みの会’は、aromayaにとって、また、特別です。香りという私じゃないものとの対話じゃなくて、足という自分自身との対話だから。

香りに関してならば、辞書などひかなくても大概は頭に入っているのですが、足に関しては読み解くのに辞書も必要だし、しばし、その意味合いを考えることもあります。

しかも、自分の足ときたら!!!(汗)

こうやってワークショップをはじめる前に、何より、自分の足先から発信されていたメッセージに驚いたのですね。それがきっかけで’足読み/トウリーディング’に興味を持つようになりました。

だから、ワークショップの前には、必ず、今一度、自分自身の’足’と向き合います。

随分、癒されてきたなあ〜と思いつつ、まだあちこちちょっと痛いので、マッサージして。そこで感じた感覚や癒しのコツなどもお伝えすることにしています。

足読みのレッスンでは、とても深いところに行き当たることもあるので、ワークショップでの質疑応答と足先の様子を拝見して、後から、個々へお伝えしたい’アファメーション’を送らせてもらっています。

足先からのメッセージ、それぞれに芽吹きますように。

この日のこと、参加してくださったAngel-Pさんがブログに書き残してくれました。嬉:)
イギリスにて女性の綺麗を応援する〜Angel-Pさん〜はじめての足読みと癒しの会〜

☆本日の賄いごはん(1月30日)<賄いごはんの記録はこちら
和風ポトフ
イカとトマトのエスニックカレー
玄米ごはん
コジェットとトマトのアンチョビー炒め
ブロッコリーとキノコと雑穀の柚子胡椒
虹色きんぴら
じゃがいもの梅和え
ジャバラ胡瓜の即席漬けの胡麻和え
出汁昆布のポン酢づけ
大根皮とビーツの茎の一夜漬け







次回は2月6日’天然芳香蒸留水の香りの化粧水としっとり美容オイルの会’
2月8日’はじめての足読みの会’ まだお席あるのでぎりぎりまで受付けてます!


0 件のコメント:

コメントを投稿