2018年3月28日水曜日

香りを五感で感じてみる〜深呼吸を誘う香り〜

aromaya植物のエネルギーと芳香療法の知恵を日常にとりいれる為の基礎コース

2018年、春の基礎クラスがはじまりました。

今年から<五感で味わう>をテーマにしています。知識としての勉強というより、感覚をフルに使った体験、そこで嗅覚だけでなく他の感覚も意識的に連動することで発見する愉しみや味わいを体感してもらいたい、と、そんな意図をこめています。

’香り’の印象から、同じ波動/波長と感じるもの、色、音、温度、湿度など、連想ゲームのようなことをやってみます。’香り’とじっくり向き合う時間です。

それから、私たちは体のどこかの部位にギフトをもらって産まれてきているそうです。例えば、aromayaは’胸’に。呼吸して肺/自分にとりこんだ空気/情報を選り分け、分析、理解することに長けているそうです。そんな自分が’香り’のエネルギーを理解する時、やはり’胸’が活躍しているように感じます。この日、集まったのは、額さんと足先さんでした。香りを嗅ぎながら、彼女たちのセンサーの額や足先がどう感じるか、これはもしかしたら眠っているのかもしれない超感覚の’開拓’となるかもしれないから、そんなことも試してみましょう。:)

レッスン後、皆さんと自分を含めたこの日のクラスのエネルギーの様子をカタチにしてみます。こうして、改めて見てみると、すでに大きな気づきや浄化、ヒーリングもはじまっています。そして、これからもっと変容していく予感、次にお迎えするときが又楽しみです:)


さて、エアミストの作成のときは、”香りが導く呼吸について” お話させてもらったりします。
’呼吸’の大切さについて、あたりまえのことだけど、気がつかない人も多い。
私たちは、たいていのことについて、失ってようやく、それがいかに大切なものだったか、気がつくものです。

「私達は呼吸で生きています。

そして、私達の住むこの世界は、input(陽/吸入/呼気)と output(陰/排出/吸気)で成り立っています。

私達が、どんな空気を吸って、何を食べ、何を聴き、何を見て、どんな会話をして、どんな感情がうまれて、何を誰に手渡すか、そうやって、私達の在り方は周りの環境をも作っています。

あなたがずっと締め切った環境の中で生活しているとしたら、空気は重く、息苦しいような気がするかもしれない。ため息や怒言ばかり繰り返されている場所も、なにか詰まった感じで、ちゃんと息ができないかな。逆に、空気のきれいな自然や、深くおちつく香りに包まれた時、私達は、胸深く、その心地よい感覚を味わいたくて、深呼吸をします。

そうやって心地良い香りは呼吸を促します。

そして、自分という’エネルギー体’は、この呼吸によって形成されていきます。」


さて、2時間半のレッスンの中で、たくさんの精油の香りを体験してもらいました。
その中で、一番気になる精油/今日のキーオイルを中心にして、ブレンドを決めていきます。時空をとびこえて、出来上がったミストを使っているところに行ってもらい、それがどんな香りかをアイデンティファイしていきます。(実はこれはよく自分がしている方法です。)そうして、できあがった、香りたち!

今回は、プチ・フラワーエッセンスの体験も。
植物の写真をみて、気になるものを選んでもらい、リーディング、また、それぞれ選ばれた精油の性質、効能、そして、メッセージの確認。

<足先さん>
e/o ローズマリー、ゼラニウム、レモン
f/e スクレランサス
必要以上に揺れてしまうことがあるとしたら→『考え、言葉、行動が調和したとき、しあわせは訪れる』(by ガンジー)なるほど、この’調和’がテーマでしょうか。

エネルギーのリセッターのレモン(浄化)ひとりで頑張りすぎてしまうときの強い味方、守りのゼラニウム(バランス)明晰な思考と健全な肉体を繋ぐローズマリー(強壮)この三つがその調和へと導いてくれそうです。

<額さん>
e/o ベルガモット、イランイラン、フランキンセンス
f/e ウォーターバイオレット
自分対外/いろいろな人との関わりから新たな喜び、発見を得る、そういうことを体験する転機でしょうか。→『私たちの人生はひとりひとり違うけれど、皆、幸せを求め、生きています』(by アンネ フランク)’幸せになる’がテーマのよう:)

選ばれた香りが額さんにとってスムーズなトランジションをサポートしてくれそう。
長期的な緊張や深いところにあるストレスを緩和、心と体の免疫力をそうっとひきあげ、波動も浄化のベルガモット、不安や心配をとりのぞき南国の快活さ、おおらかさに繋ぐイランイラン、強い浄化の力と、直感を呼び覚まし高次からのメッセージを受け取りやすくするフランキンセンス。ベルガモットを一番に選んでらしたから、まずは痛手の回復/波動の修復、滋養はゆっくりと補充していき、明るい香りで活力をあげていきましょう:)

’深呼吸’とは’自分らしさ’に繋がる、ということなのかもしれません。
ゆっくりと香りの効果を感じてみてください。

植物のエネルギーと芳香療法の知恵を日常にとりいれる為の基礎コース(2017記録はこちら) 


☆賄いごはんメニュー(3月26日)*賄い記録はこちら
鶏腿肉のマッシュルームクリームソース パースニップとポテトとチェダーのクリスピーがけ
カリフラワーのレモンピクルスとトマトの玄米ピラフ風
リークとエルサレムアーティチョークのスープ
ブロッコリーと雑穀の柚子胡椒サラダ
赤チコリのポテサラのせ
人参とマンゴーのツナラペ




0 件のコメント:

コメントを投稿