2018年6月20日水曜日

今の自分を知り真の喜びに向き合う香りと

6月18日 マヤ暦では、「自分にとっての楽しみ、喜びについて向き合う」青い猿の13日間のはじまり。しかも、2月からの4ヶ月間に起きたこと、やってきた事に対してのリセット&スタートする日でした。

aromaya植物のエネルギーと芳香療法の知恵を日常にとりいれる為の基礎コース
全部で6回のこのコース、参加したいのだけれど、日程を固定するのが難しい、または遠方からロンドンに来てくださる方もあり、先月より、この基礎コースも、お席があれば、単発参加可能という形式としました。
それぞれ、皆さんの直感で選ばれた香り、カードからのメッセージ

ネロリ(自己肯定、深い癒し、高い波動)、ベルガモット(浄化、ストレスやしがらみからの解放、高い波動)、ローズ(愛情、深い癒し、幸福)、ラベンダー(陰陽のバランス、安定、おちつき、聡明、生命力の強壮)がコアな部分をしっかりと繋いでくれた日。

<昨日から学び、今日を懸命に生きる>、そんなメッセージのハニーサックルさんには、このネロリ、ベルガモット、ローズ、ラベンダーに、心身の浄化を助けバランスを整えるグレープフルーツが、エクストラでサポート。

<今やれること、やりたいこと、夢見ていることをすぐ始めよう、自分の能力を認めてあげよう>ラーチさんに、境界線をしっかりつくりなおすグレープフルーツ(浄化、朗らかさ、心身のバランス)太陽の神さまと繋がるフランキンセンス(浄化、直感磨き、高次と繋がる波動)のサポート。

<喜びは祈り、力、愛であることを知り、喜びと共に与えることのできる人>、セントーリーさんに、母のようなゼラニウム(寄り添い、わかちあい、守ってくれる)中世の修道僧のようなパルマローサ(心身のサポート)

<魂の目的を理解し、生命の尊さを知る学びの過程>スターオブベツレヘムさんには、天国の果実を象徴する無垢で純粋なオレンジ(金色の果実)優しく見守るマンダリン(やわらかく)がエクストラでサポート。

レッスン3では、シトラス系とフラワー系の精油のプロフィールについて、みっちり勉強しますが、精油選びをする時は直感を香りにもどして選んでもらいます。気になったアファメーションの精油も選ばれているかもしれませんが、こうやって、再考してみると、やっぱりちゃんと必要なものを選ばれているから、驚きます。

それぞれのオリジナルブレンドで、できあがったミスト(浄化の化粧水)とセラム(しっとりお肌への滋養)是非是非、香りの力を感じながら使ってください。これらが、お肌/こころのくすみを取り去って、ありたい自分/本来の自分へと 輝かせていってくれますように。



☆賄い記録(6月18日






0 件のコメント:

コメントを投稿