2018年7月6日金曜日

Love; 陰陽学説とスピリチャルアロマセラピー~day four~jointing the dot of polarity


陰陽学説は、自然の全てのものが、隠’と’陽’の二種に分けられるという二元論で、昼と夜、男と女のように、相反するもので分けられるという<陰陽対立>と、隠の中にも陽があり、陽の中にも隠があり、どちらか一つだけでは完成せず、相手がいていて初めて世界が成立するという<陰陽互根>、そしてこれらの相反する力関係は常に変動している<陰陽消長>、そしてこれらは時に、陽が隠に、隠が陽にくるりと変わることもあるということ<陰陽転化> 総して、隠と陽の関係は、相反=対立と分け隔てるのではなく、互いに依存しながら(相反する存在あってこそ存在するから)力のバランスを変え、互いに変容し、流動しているという自然の様を伝えています。


香りを用いて、心身のバランスを調整することは、1年前に出来上がった香りのレムディー(Herbal Healingのmagic portion;三位一体のRoll on Remedies)がきっかけとしてあり、その後、日毎に使い分けているうちに、使い方の可能性について強く感じはじめました。そして辿りついたのが、sense of thought: マヤ暦第一の城の記録と香り (この13日間はとてつもなくたくさんの大きな事が起きた時で、この中の2月16日に作った’香りのお守り’ロールオンは改めて三位一体を香りで繋ぐということを再考させてくれた出来事でした)

足読みのワークの延長で、陰陽を左と右に分けるという行程を、香り聴きに織り交ぜ、出来上がった二つのブレンド。自分の中の陰陽それぞれの違いを香りで認識して、その質を高め、合わせることで統合、調整のプロセスを、香りで体験できるもの。

陰陽五行に基づいた精油もありますが、これはそのリストからのチョイスではなく、香り聴きのみで絞り込んでいったもので、とてもパーソナルな陰陽の香りのカタチ。この選ばれた香りがご自身そのものの本来のエネルギーとシンクロして響きあう、エネルギーの香りです。

隠の中に陽があり、陽の中に隠があるように、このバランスも人それぞれで、それで良いのだということをあらためて。

作った陰陽の香りに合わせて、選んでもらったヒーリングストーンは、’今’の魂の状態を示していると思います。数日のヒーリングのプロセスが見えるような、エネルギーがとても柔らかくなられたことが、見えるようでした。


ベイリーフ 可能性は無限であること、そして、直感力、洞察力を高め、本来の自信を促す清い香り

マージョラム 緊張を解きほぐし、体も情緒も温め、じっくりと癒し、バランスをもたらす そして’与える力’をもたらす香り

サンダルウッド 強力な浄化力に、内観へと繋ぎ、心、肉体、魂(御霊)を統合する

ベルガモット 気の滞りを拡散させ、自由な気の流れを促し、明るさへと導く香り


ローズクオーツ 心を癒し、安定させ、自分を慈しみ、愛の魔法に包まれた状態へと導く

ジェイド エネルギーを浄化し、五徳(仁、義、礼、智、勇)を高め、夢や目標達成へと導く

❤︎
ローズマリー 健やかで、勇敢、明晰なエネルギーへと繋ぐ、真の道を思い出させる

ラベンダー 鬱積した感情を解放、気の流れを滑らかにして、バランスとおちつきへ導く

ネロリ 抑えられた感情や痛みからの解放、希望と喜びに満ちたエネルギーへと優しく繋げる

オレンジ 無垢で純真な精神、今を天真爛漫に生きるハートに繋がる


ハニーカルサイト エネルギーを呼び込み、しっかりとグラウンディング

ブルーグリーン フローライト 固定観念を解放し、子供の頃の自由で無邪気な発想、思考力、明晰性を高める



引き続き、この香りのセットが癒しとシフトをサポートしてくれますように!
濃厚な4日間、霊視セッションにトリートメントのリトリートを兼ねたレッスン。
今回の発見が、さらに豊かな時間へと繋がっていきますように。
どうも、ありがとうございました。

感謝

















0 件のコメント:

コメントを投稿